CSR

Quality policy品質方針

我々は、ユニットシステムサプライヤー(※1)として、良品廉価な商品提供を通じて、お客様の信頼と満足を高め社会へ貢献します。

※1:自動車メーカーのシステムユニット単位での調達要求に応えるために、自動車メーカーに直接システムを提案・納入する1次部品メーカー

基本方針

  • 品質を常に経営の基軸に置き、お客様が安心して使って頂ける「明石ブランド」を構築する。
  • 設計、開発から生産までの全てのプロセスにおいて、品質要求基準を適合させ、お客様に信頼される製品を提供する。
  • お客様満足度向上の為に、品質マネジメントシステムの自律的、継続的改善に努める。
  • 本品質方針を当社の全従業員に教育を徹底するとともに、明石ブランドを支えて頂いている全ての関係者に周知・開示する。

ISO9001:品質マネジメントシステム

IATF16949:自動車産業向け品質マネジメントシステム

本社工場 土山地区

本社工場 明石地区

滋賀工場

九州工場

Environmental policy環境方針

明石機械工業グループは、ライフサイクルに配慮した製品の開発~生産を通じて、地域と社会(※1)との共生を目指します。

※1:低炭素型、循環型、自然共生型社会

基本方針

  1. 環境に関する法規制(※2)や会社の管理規定を順守し、汚染の予防に努めます。
  2. 事業活動による環境の影響への予測・評価をし、事業活動と両立する環境マネジメントシステムの継続的な改善に取り組みます。
  3. 生物多様性(※3)及び生態系の保護を通じて、地域社会との共生を目指した環境保全活動に努めます。
  4. 環境教育を通じて人材を育成し、グループ全員参加でのグローバルな自然、環境保護活動を推進します。

※2:地方条例、地域協定、得意先その他の要求事項
※3:多くの生命は沢山の生物の命のループで繋がっている事

ISO14001:環境マネジメントシステム

Procurement policy調達方針

当社は、環境にやさしい製品調達をこころがけ、世界最適調達を目指します。

基本方針

  1. オープンで公正な競争
    当社は、購買取引にあたり、相手先の国籍、企業規模及び新規・継続を問わず広く門戸を開放し、公正・無差別・対等かつ透明な状況の下で公正な競争の現実を図る。
  2. 選定基準
    当社は、仕入先選定にあたって各企業の製品の品質・価格及び技術力・納期対応力などの経済合理性に加えて、企業としての安全性・収益性・成長性などの幅広い視野から企業力を総合的に判断する。
  3. 相互信頼による相互発展
    当社は、各仕入れ先との取引を通じて仕入先との相互繁栄の確立を図り、社会・経済の発展に寄与するものとする。
  4. 法の遵守
    当社は、購買活動にあたって独占禁止法、下請代金支払遅延等防止法をはじめとした関連法令並びにその精神を遵守する。

Information security policy情報セキュリティ方針

1.目的

明石機械工業株式会社は機密情報等の適切な管理が事業継続において重要な資産であると認識し、お客様や取引先様からお預かりした、又は当社が保有する企業秘密・個人情報などの情報、当該秘密・個人情報などの情報、当該情報を管理・保護するためのシステムを組織的かつ継続的に情報セキュリティに取組むことを目的として、情報セキュリティ基本方針を定める。

2.当社の基本的な姿勢

  1. 法令遵守
    当社は、情報セキュリティに関する法令、国が定める指針、契約上の義務、及びその他の社会的規範を遵守する。
  2. 安定した経営基盤の維持
    当社は情報資産を適切に管理・保護することにより、競争力及び事業継続性の確保など安定した、経営基盤の維持に努める。
  3. 安全な商品・サービスの提供
    当社は商品・サービスの開発・設計・製造等、自社の事業活動において、情報セキュリティの対策を講じることにより、お客様や社会に対し、安全な商品・サービスを提供する。
  4. 情報の第三者への委託
    情報を委託する場合には、適切な委託先を選定します。
  5. 情報セキュリティマネジメント
    情報セキュリティ事件・事故の防止を努めると共に、万一、事件が発生した場合には、再発防止策を含む、適切な対策を速やかに講じます。

3.情報セキュリティの定義

情報セキュリティとは、目的を達成する為に、サイバー空間及びその他物理的な空間において、情報資産の「機密性」・「完全性」・「可用性」を確保することをいう。

4.本方針の適用対象

本方針の適応対象は、当社及び全従業員とする。

5.情報セキュリティの取り組みの原則

  1. 責任体制の明確化
    情報資産の管理・保護を実施するために、当社各事業所において情報セキュリティにおける推進体制を整備し、その任務と責任を明確にする。
  2. 教育・啓発
    当社は役員及び従業員への情報セキュリティに関する教育・啓発活動を継続的に行う。
  3. 継続的改善
    情報セキュリティにおけるPDCAサイクルを回し、情報セキュリティに関わる仕組みを継続的に見直し・改善する。