Message

ホーム > メッセージ > 実験解析G 北園 亮太朗

本社勤務
実験解析G

  • 2015年3月 熊本高等専門学校(八代キャンパス)卒業

学生時代の専攻科目は?
小さい頃から動くものに興味があり、どいういうメカニズムなのかを知りたくて高専に入りました。そのため、機械力学や材料力学など、機械系の科目を勉強をしてきました。特に、材料力学で、加重をかけたときの応力分布を勉強することが楽しかったです。
現在の仕事内容を教えてください。
自動車部品の評価解析を担う実験解析グループに所属して、主に、今後開発していくステアリングギアの耐久試験や強度試験を担当しています。
今までの仕事で印象に残っていることは何ですか?
自分がやっている業務の意味や目的を考えず、ただ作業としてこなしていたこと。その経験を通じて、やる前に必ず意味や目的を理解しておき、試験前に破壊箇所の予測を立てるように心掛ける。
今後の目標について教えてください。
試験結果を基に「こうすれば強度が上がるのでは」「こうすれば原価が抑えられるのでは」といった提案ができるような知識を身に付けたいと考えています。そのため、仕事に活かせるよう、もう一度基礎をやり直して材料力学の復習をしています。原価という言葉は入社して初めて知りましたが、仕事で減価償却に関わることがあるので、わからないままで済まさずに、少しずつ勉強を始めているところです。
明石機械工業株式会社で働く魅力とやりがいを教えてください。
車が好きなので、自分が携わったステアリングギアが搭載された車を見ることや、設計開発や生産技術だけでなく、技術営業や調達とも関わるなど、他部門と幅広く関わって仕事ができることがやりがいです。
また、仕事では、実験をすると結果を他部門へ展開しています。設計開発の目線で見ると、実験後に「ここをこう変えたら良くなる」と意見を出せます。生産するときは、「ここをこう変えたら工場のオペレーターの負担がなくなる」と、別の意見を出すことができます。実験結果を基に批判するのではなく、他部門の視点に立った考え方で提案できるようなエンジニアになりたいです。
就職活動中の学生のみなさまへ一言!
就職活動のポイントは、自分が興味あることがその会社でいかに活かせるかだと思います。そのために企業研究・仕事研究をしっかり行って、やりがいのある仕事ができる会社を見つけてください。
ちなみに、私は車が好きなので、就職活動では車に関われるメーカーを探していました。明石機械工業は、大手企業と比べると小さいですが、規模はそれなりにあり、一つのことにとらわれず、色々なことに関われると思いました。地元の熊本から離れることは寂しかったですが、勤務地にとらわれずやりたい仕事ができる環境に飛び込んで、本当に良かったと感じています。

ページ先頭へ戻る