Message

ホーム > メッセージ > 生産技術G 城 厚夫

本社勤務
生産技術G

  • 2013年3月 関西大学 システム理工学部 卒業

大学時代の専攻科目は?
機械力学・材料力学・熱力学・流体力学を中心とした機械工学を学びました。1年生から2年生までは基礎分野を学び、3年生前期からは機械物理コースを選択しておりました。3年生後期から、卒業前まで材料工学研究室で「新アルミニウム合金の超高サイクル疲労強度メカニズムの解明」について研究していました。
現在の仕事内容を教えてください。
ステアリングギアボックスの生産技術を担当しています。図面変更(設計変更)や、新製品の図面が出図されると、生産できるように設備の配置決めや生産効率向上させるために改善を行っております。主に試作から量産開始までの生産準備業務をしています。この仕事を通して、自分ひとりだけの努力だけでなく、周囲の人の助けがあって、仕事が成り立っていることを感じています。
今までの仕事で印象に残っていることは何ですか?
入社二年目の頃、九州工場での長期出張で意識を変えることが出来ました。出張前までは自分が分からないこと、疑問に思うことは分からないまま取り組んでいて、無責任な受け答えをしていました。出張で学んだことは自分で調べて考えをまとめてから、人に相談することを身に付けました。相談するときは、何を言いたいのか、何を伝えたいのか、提案するときは3・4通りの案を見出して、長所・短所を示して相談しなければ「何も考えていない」と認識されてしまうことがありました。
今後の目標について教えてください。
後輩が困ったときにアドバイスできる先輩になりたいです。問題が起きた時に他部署の人たちから頼られ、誰からも慕われる技術者になりたいと考えています。自分が学んだことを人に教えて、間違いをそのままにせず、正しいことを人に伝えられるようになりたいです。経験則ではなく、データを基に解析し判断していき、感覚ではなく科学的な根拠を示していきたいと考えております。
明石機械工業株式会社で働く魅力とやりがいを教えてください。
工場との距離が近く、現場へ行ったときに色んな人から声をかけてもらえたり気軽に挨拶をしてもらえることです。自分が困ったときに親身になって相談に乗ってもらえるなど、工場・事務所問わず温かい人が多く、楽しく仕事ができることに魅力を感じています。自分が担当した製品のクルマが街中を走っている姿を見るとやり甲斐を感じる事が出来る点は、製造メーカーの醍醐味だと思います。
就職活動中の学生のみなさまへ一言!
自分の興味のある分野を見つけ、一生働くことができる会社なのか、将来家族を養っていけるのか、など将来の構想をしっかりと立ててほしいと思います。大変なこともたくさんあると思いますが、頑張ってください!

ページ先頭へ戻る